分譲賃貸マンションのメリット

分譲マンションは賃貸専用のマンションとは造りが違う!

賃貸専用のマンションは、オーナーが家賃収入を目的とした投資のための収益物件です。賃貸物件は、永続的に住むことを想定していないため予算内でなるべく安く建物を造ろうとする傾向があります。だから、入居者も安い家賃で住めるという利点はあります。しかし、長く住むにはきちんとした建材と造りのマンションでなければ生活しづらく満足感も得られません。そのため、個人が高いお金を出して買うことになる分譲のマンションは階上や隣家などの騒音を軽減するような造りが求められます。また、間取りや収納、人の動線なども使い勝手が良くなければなりません。分譲マンションは数ある多くの物件の中から選ばれるためにさまざまな工夫をこらして販売されています。魅力的な物件が多いのも頷けます。分譲賃貸マンションは、購入したオーナーが海外転勤などで長期不在のときに貸し出されるケースが多いお得な物件です。

分譲賃貸マンションは設備や周辺環境が良好!

人が長く住む前提で購入したマンションですから、周辺の環境も重要です。多くの場合、銀行やスーパーなどの商業施設、病院や学校、公園や公共施設なども近隣にそろっている場合がほとんどです。また、自治組織もしっかりと機能しているため、ゴミ出しや街の美化など管理されていて住みやすいところが多いです。マンション内の共有スペースにしても、広々としたエントランスやオートロック、管理人や清掃員がきちんと巡回清掃をしているためきれいです。室内の設備も、長い使用に耐えるその時代の最新のものを採用しているため、クオリティの高い設備が使われています。収納場所も広く使い勝手が良いように作られています。駐車場や駐輪場も備えられているため外で月極駐車場を契約する必要もありません。このように分譲賃貸マンションはさまざまな面で満足度の高い物件です。

北見の賃貸物件は面積が広いものが多く、独り暮らしでもワンルームではなく2LDKの部屋を借りる人が多いです。