分譲賃貸マンションのデメリット

大家さんとのトラブルになる可能性が高いってホント?

分譲賃貸マンションは、特にしっかりした構造であることの多い分譲マンションに、賃貸という形で住むことができるため、一定の人気を呼んでいます。特に住環境にこだわりたいファミリー層や女性などにはうってつけと言えるでしょう。しかし、分譲賃貸ならではのデメリットとして、貸主が専属の大家ではないためにトラブルが起きる可能性があることがあげらます。
そもそも分譲賃貸マンションとは、分譲マンションを購入した誰かが、何らかの理由で第三者に貸し出している物件のことを言います。不動産収入を得たいという大家も見られますが、本来は自分が住む予定だったものの、転勤などやむを得ない理由で住むことができないので、その期間中だけ貸し出しておきたいというケースも珍しくありません。不動産の大家としての経験がない人が大家となっているため、専業の大家よりもトラブルになる可能性は高まってしまいがちなのです。

なぜその物件を貸し出しているのかを確認しよう

安心して分譲賃貸マンションを借りるためには、まずその物件がどういった理由で貸し出されているのかや、大家の考え方などについて確認することが大切です。もしも転勤が一時的なので、将来的には大家自身が住みたいと思っているのであれば、賃貸契約の期間などがいつまで有効かといった取り決めをしっかりしておきましょう。また、個人的に貸し出している場合は、出来れば個人間でやり取りするのではなく、間に管理会社などを挟む方が安心です。「格安にするので会社を入れない」といった大家の希望に応じて取り決めを行う場合は、とにかく契約書をしっかりと取り交わし、設備の故障や破損などが起きた場合、誰がどのように対処するのかなどを抑えておきましょう。